マイペースにバイク&自転車でツーリング、キャンプ+山歩き等のレポ的な日誌!? のんびりと走って登ってキャンプして楽しみましょう♪(´ω`)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は千ヶ峰か段ヶ峰の1000m級の山に行く予定だったんだけど、移動中に笠形山に雲がかかってたんで止めました。
途中、雪彦山の別ルートとかも思ったけど天気が心配だったんで、やっぱ止めて雪彦山近くの明神山にした。
しかし、明神山を登り始めると晴れ間もあったりで、ぶっちゃけ千ヶ峰登れたんじゃね?(・ω・;)
ま、明神山も花眺めたり展望もありコースも結構独特で楽しい道でした♪
今回分かったのは、雪彦山近辺は岩多い&ヤマビル注意って事やね(^^;)
次に行くなら夏場は避けて秋に登ろうっと


今日のルート↓


やたら傾斜がキツイ箇所がいくつかあって距離の割りに時間がかかっちゃいました(´ω`;)
やっぱ下りのテクニックがまだまだ足りません orz
まだまだ練習が必要やね(´Д`)

↓駐車場の桜が満開    ↓下山した時には黒ヤギがいた。しかも3匹(゜д゜)
明神山の駐車場の桜    桜と黒ヤギ

黒ヤギは隣にある農業公園で飼ってるらしく3匹とも首輪がついてて長めのロープで縛られてた。
川や畑沿いの土手で草食べてました(^^)

↓「マンモスの背」という岩尾根が出現。でもロープも付いてるし滑らなくて歩きやすかった&展望抜群!
マンモスの背

↓尾根からの展望
マンモスの背からの展望

途中にツツジが丁度見頃で何本か群れて生えてて、めっちゃキレイやった♪
↓見頃のツツジ
見頃のツツジ  ツツジアップ1  ツツジアップ2

山頂に着く手前の坂・・・やや傾斜もキツくて気合がいるらしい
↓気合い坂って名前が凄い  ↓岩に絡むように木が生えている
気合坂    明神山山頂手前の岩

傾斜はキツめだけど岩と木の根が足場になり登り易い道。
ここを越えると山頂に到着!
↓明神山山頂       ↓山頂からの展望(南)(東)
明神山山頂  明神山山頂の展望(南)  明神山山頂の展望(東)

天気が良かったら瀬戸内海まで見えると思うんだけど、霞んでてハッキリしなかった(^^;)
展望が良いから、秋には山々の紅葉が見れそうやし、秋が楽しみな山やね

↓下りのコースは落ち葉だらけ・・・というか埋まってる( ̄ω ̄;;)
明神山-落ち葉に埋まった道  明神山-落ち葉の道

落ち葉のせいで滑り易いし傾斜あるしで、ちょっと歩きにくかったなぁ(´ω`;)
道自体はロープやテープでわかり易いし、基本尾根沿いに歩くから迷う心配も無かった。
右手に明神山も見えてるからコンパスなくても方向が分かるし、そういう意味では歩きやすいルートかな

↓傾斜キツめにはトラロープ・・・が何箇所もあったんだよね(汗
明神山-下山時のロープ1 明神山-岩目のロープ 明神山-下山時のロープ2

ロープ場所多かったし、垂直に近い場所もあったけど慎重に進めば問題なかった。
ただ・・・やっぱ落ち葉で滑り易いのがなぁ(´Д`;)
尾根からの展望は良かったね♪

↓下山時に見えた明神山   ↓七種山
下山時に見えた明神山   明神山-下山時に見えた七種山

右手に明神山が良く見えたし、東側の展望では七種山も見えたり景色が楽しめるルートでした♪

途中で見えた七種山は渓谷沿いに滝が楽しめる山らしいので、ここも秋頃がいいのかな?
ちょっと下見も兼ねて登ってみたい山

さて、来週末の月うさぎキャンプ&三峰山登山に向けての登山練習も終わっちゃいましたよ・・・。
正直、まだまだ練習不足な気がするんだけど大丈夫かなぁ
体力的には問題ないと思うんだけど技術は全然ないし、鎖場も雪彦山で登っただけで下りは全然ダメダメやし・・・・・・まだまだ心配っす(´・ω・`)
とりあえず山と高原地図買って予習しなきゃだ(今頃だけど)

週末が晴れますように~~ (ー人ー)
スポンサーサイト

[2012/04/22 11:36] | 登山
トラックバック:(0) |
今日のルート↓




初めての六甲山だったので、とりあえず分かりやすい道にしようと思い新神戸駅から摩耶山を目指してみました。
しかし、新神戸駅に着いたとたん次々に登山者がぞろぞろと出てくるとか(汗
あんなに沢山の人が登るなんて・・・六甲山って人気あるんやね(´ω`;)
というか、普通の格好にスニーカーの人もいればバッチリ重装備な人もいたり結構バラバラな服装
今までの山とはかなり違う雰囲気だったし、六甲山ってそういうもんなんかな?(・ω・;)

今日は霞んでてほとんど景色が白っぽくなって良く分からないのが多かったのでそんなに撮らなかったな
まぁバイクで何度も走ってるから頂上からの景色とか珍しくないもんなぁ

とりあえずな写真(^^;)
↓途中に居た猪(野生)
六甲山の猪

↓遠くに見えた六甲山牧場
遠くに六甲山牧場

↓下山途中の山桜
下山時の山桜

次はもうちょっと早目に出発して有馬方面に下りたいな
温泉でゆっくりしたい(´ω`)

[2012/04/15 21:52] | 登山
トラックバック:(0) |
今日は桜巡りポタツーのレポです。

今日走ったルート↓
桜巡りポタツー(姫路まで) - ルートラボ - LatLongLab http://yahoo.jp/CMhEGH
桜巡りポタツー(加古川~明石) - ルートラボ - LatLongLab http://yahoo.jp/4-hoif

基本的にメインな国道や県道じゃなく裏道的な県道とか農道や市道ばかり走ったので、地図上おかしい所もありますが・・・まぁGPSの誤差ってヤツです( ̄ω ̄;)
帰りは、気持ちよくてもっと走りたくなったので遠回りして加古川~明石ルートにしました。
今日の走行距離:128km 平均速度:18.7km/h
久々の100km超えやな。速度は・・・まぁこんなもんですよ

じゃ、写真載せまくっちゃうよん♪
↓県65横の農道にある並木
県65の並木    桜アップ

ここは農道になるので車だと分かりにくい場所になるため誰もいなかった&穴場。
朝は曇ってたからちょっと写真暗めだけど満開でした(^^)

↓河川沿いの枝垂桜な並木
枝垂桜の並木    枝垂桜の並木ー2

ちょうど昼過ぎたくらいから晴れだして、いい感じに撮れました♪
ここも穴場的場所かな?近所の人が犬の散歩してる程度にしか人もいなかったし、交通量は無かったし、のんびり走れました(´ω`)

↓貯水池の周りにあった桜並木
貯水池の桜並木    貯水池の桜並木-2    貯水池の桜並木-3

↓桜のトンネルを抜けると・・・
池の桜-1   池の桜-2   池の桜-3

↓池の案内板かな?
池の案内板-1   池の案内板ー2

ここはマジで超穴場!
桜のトンネルに広場にも並木が・・・満開なのにひっそり楽しめるとか中々ないよね♪
県道から住宅街への市道沿いにあるので地元の人が花見やってただけで凄い静かやったし、もうここは秘密の花見ポイントに決定!!(≧∀≦)
あぁ~、こんな穴場に出会えるとか色々走り回ってたおかげやな(´ω`)

↓姫路市内手前の自転車道の並木(ちょっとだけ)
姫路市内手前の自転車道の並木

並木といってもちょっとだけ&横が墓地だったので通過・・・

↓本命の桜並木(姫路市内手前の川沿い)
姫路河川沿いの並木-1   姫路河川沿いの並木-2

毎年見に行ってる河川沿いの並木です。
両側に並木が揃って満開!! やっぱキレイやねぇ(´▽`)
河川沿いに小さなスペースもあり多くの人が休憩したり弁当食べたり・・・
桜の下で飲むコーヒーは最高っす♪(≧∀≦)

↓「しおかぜこみ」ちからの夕日
しおかぜこみちからの夕日

帰りに走った「しおかぜこみち」からの景色が凄くいい感じだったので撮ってみました。
高砂の工業地帯が逆光で陰になってて、なんかカッコイイ

↓明石手前の海岸から見えた夕日
明石海岸の夕日

先月の明石大橋での夕日も良かったけど、今日の夕日もめちゃくちゃキレイやった(´ω`)

桜も見れて、キレイな夕日で締めるとか、本当に色々見れて楽しいツーリングだった(´▽`)
やっぱ今の時期のツーリングは楽しいし気持ちいいね♪

[2012/04/15 00:58] | 自転車、バイク
トラックバック:(0) |
はい~、ついに雪彦山登ったった~(*´∀`*)

しかし、予想以上に精神的にキツイょ、常に緊張しっぱなしは疲れるよ(´ω`;)
特に前半は山歩きじゃなくて、マジによじ登ってたもんね
岩場とか鎖場とか、一歩間違ったら死ぬorz
もうちょっと山に慣れてからの方が良かったかもなぁ・・・と

サクッと写真&感想

岩場ばかりでしんどかったけど距離が短い分疲労感はなかったなぁ
景色も良かったし、今度は秋に行きたいかな(夏場は暑くてヒルが多いらしい)
↓山頂で記念に撮ってもらった♪    ↓山頂からの景色
雪彦山山頂    山頂から1

山頂で休憩中も次々に人がやって来てビックリ(゜д゜)
かなり年配の人も来てたり賑わってたけど、あの鎖場登ってきたんだよな・・・皆さん凄いです( ̄ω ̄;;)

時間に余裕があったんでそのままグルっと一周することに。
本来の山頂を目指して北上・・・なんか山頂は殺風景で標識だけだった(´・ω・`)
↓本当の雪彦山の山頂
雪彦山山頂の標識

そのまま北上して鉾立山山頂
こっちは景色もよく休憩スペースも広かったので、ここで昼食♪
氷ノ山はまだまだ雪山やったし、登れるのは6月くらいかなぁ
↓遠くの氷ノ山      ↓手前に見える峰山
遠くの氷ノ山    鉾立山からの峰山

↓下山途中に見かけた蝶
雪彦山で見た蝶

名前は分かんないんですが、丁度目の前に止まってたので撮ってみました(^^)
昼食の時も近くまで野鳥が飛んできたり、やっぱ春やねぇ~♪
というか人を警戒してない感じだったなぁ
これからは草花も多く見れそうやし楽しみや(´▽`)

下りは渓谷沿いの道だったこともあり滝がイッパイ♪
苔の感じとかめちゃくちゃええやん(・∀・)
まぁ、やはり岩場や鎖場もあるけど、渓谷はマジでえぇ感じやね、うん
↓渓谷沿いの景色&渓谷沿いの滝
渓谷の景色    雪彦山の滝    渓谷沿いの景色2    雪彦山の滝2

下山途中にあった休憩所から見えた山が超絶壁・・・・で、ここがクライマーには一番の人気コース。
って話を休憩中に下りて来たクライマーさんに聞きました。
そうですか・・・こんな絶壁が人気コースなんですか・・・ロッククライミングは別世界ですね( ̄ω ̄;;)
↓クライマーに人気の山らしい
雪彦山でクライマーに人気のコース

クライマーさんに雪彦山が好きなら2年後にはクライマーになってるかもって言われたけど、それは遠慮します。
景色見たり歩くのは好きだけど壁登るのはちょっと・・・ねぇ
いつまでも初心者で十分っすよ(´ω`;)

駐車場に戻って、雪彦温泉に行こうと思ってたけど値段が700円だったんで止めた。
ツーリングも兼ねて龍野~相生まで移動。ペーロン温泉行ったら600円から750円に値上がりしてて、結局出費は変わらなかったり(汗
次は雪彦温泉行くわ(^^;)

ん、こんなもんかな

[2012/04/11 22:52] | 登山
トラックバック:(0) |
はい、一日遅れたけど書きます。
一回記事消えちゃったので真面目に書くの止めて、サクサクっと簡単に感想というか色々おまけ的なレポにします(・ω・)
ルートとか写真とかはヤマレコ参照って事でヨロシク!

ヤマレコの記事→http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-179331.html

んじゃ、ヤマレコに書ききれなかったレポというか感想~
注)ヤマレコ見てからの方が分かり易いと思う。

最初、ちゃんと縦走路を歩こうと思ったんですが、入口と出口が遠すぎた(´・ω・`)
ちなみに今回のメインはシビレ山だったりします。
本当はシブレ山にも行きたかったけど時間的にアレだったので止めました。
つーか予定してた時間より2時間オーバーとか明らかにルートミスったね
鉱山跡ルートが不人気の意味が良く分かったよ。

ちょっと愚痴ってみる・・・。

いくら鉱山跡ルートが本線じゃないからって、分かりにくすぎる。案内板&テープなさすぎやろ
最初に来たら迷うっちゅうねん。というかちょっと迷った( ̄ω ̄)
ぶっちゃけ鉱山跡に行ったのは・・・・・・ただ道間違えただけです。マジで間違っただけです。
ルートらしきものが見当たらず、ここかな?と思って恐る恐るビビリながら崩壊した道進んだのに、鉱山跡だった時の凹みっぷりはなかったね
ずっと一人でツッコミ入れてたし↓

「行き止まりって、これはないわ~~・・・」(ノ∀`)
って笑い事ちゃうし!
・・・。
・・・。
どうしよ・・・マジどないしょ・・・ってどうにもならんちゅうねん。
自分のバカぁ~アホ~~・・・(-_-;)
あぁ~どうにかならんかねぇ・・・どうにもならんよねぇ・・・戻るしかないよねぇ・・・戻れるんやろか(;´∀`)
ここは、頑張るっきゃないわなぁ
うっわ、マジ勘弁して~~~(T-T)

↑こんな感じで一人自分にツッコミまくったのです。
心の中じゃなく声に出してたとかプチテンパってたのは確かです。

はい。凄く身に染みて教訓になりましたよ( ̄ω ̄)
無理はいかんね、後の事も考えなきゃダメだね

で、戻った時に小さく付いてた案内プレートに気付いたんですね。
プレートちっちゃいってorz
登りながら、あまりにも道が分からなさすぎるからテープ貼りに来ようかと思ったけど、勝手に貼ったらダメなんだっけ?(・ω・)
せめてプレートは大きいやつにして欲しいもんです。
というか、このルートを誰か使ってるのかも怪しいけど、どうなんやろ
その辺のルールがイマイチ分からないんだよね

んで、縦走路からはサクサク進んで、帝釈山でちょうど逆方向から登ってきたおじさんと挨拶。
記念写真を撮ってもらいました(^^)
帝釈山で記念撮影

軽く休憩&おしゃべり
思ったより沢山の人が歩いてましたね
おじさんは次の週末に30人も引き連れて歩くみたいで、その下見として来てたらしい。

しかし、30人も一斉に登るって凄い大変そう。
さすがに30人は多過ぎる気もするけど、団体ツアーみたいなもんだとそれくらいの人数なのかな(´ω`)
たまには誰かと登りたいけど、自分的にはせいぜい5人までが限界やな

帝釈山~丹生山に行く途中でMTBの集団(6人ほど)に遭遇。
通り過ぎる時に自転車見たけど、MTBってディスクブレーキが普通なん?
まぁ下りのスピードを考えたら急静止できるディスクがいいんだろうなぁ
バイクだったらエンジンブレーキも使えるけど、自転車はブレーキだけだもんね

どうやら林道で丹生神社まで来たらしくシビレ山方面に走って行きました。
タイヤ痕を見た感じではシビレ山には行かずに途中の分岐で淡河方面に下ったっぽいです。
↓しかし、林道ならまだしも、こんな登山道を自転車で走りたくないなぁ
シビレ山への道

そういや途中に小さな岩場があったけど、自転車担いで歩いたんやろか・・・

シビレ山に行く途中にも小さな分岐がいくつかあって、その1つが展望良さそうだったから登ってみたら・・・常連さんらしきおじさんが休憩中だった。
↓名前は分からないけど三角点があった
名前不明の三角点

展望もあったけど人が来る気配もなかったし、おじさんのお気に入りの場所っぽい感じだったので写真だけ撮って撤収。
多分、秘密の休憩ポイントっぽいから秘密のままにしとく。次はここでお昼食べようっと♪(´ω`)

シビレ山に着いたら、これまた6人くらいのおじさんがお昼休憩で一杯やってた(^^)
ビール・・・美味しそうだったなぁ

自分がお昼の準備をしてる間におじさん達は撤収&記念撮影で集合写真撮ったり少ししゃべったりして、あっという間に静かに・・・。
シビレ山というか、丹生山系って人気あるんじゃね?って思ったけどシビレ山以降は全然誰にも遭遇しなかったからルート限定で人気があるっぽい感じやね

まぁ、なんというか誰にも遭わないと逆に独り言というか一人ツッコミが多かったかな。
途中の案内板とかにツッコミ入れてた自分です。
他の人はどうなんやろ、ただ黙々と歩くんやろか(・ω・)
結構山歩きしてるとツッコミどころ満載やと思うんやけどなぁ・・・


おしまい

[2012/04/02 22:50] | 登山
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。